道路網計画

目的

 今日の道路整備は、交通機能はもとより、防災、環境、ユニバーサルデザインなどに配慮した整備が求められています。また、計画策定段階から市民への透明性の確保や効率的・効果的な事業推進が必要とされます。
 道路網計画は、都市の骨格を形成し、市民の生活基盤となる道路について、整備課題を明らかにし、地域の実情にあった道路網の構築、整備の方向性及び整備プログラム等を定めるものです。

内容

  • 都市の現状把握
  • 都市の交通状況・整備状況の把握
  • 上位・関連計画の整理
  • 交通課題の抽出
  • 都市の将来像のとりまとめ
  • 将来道路網計画の策定
  • 整備方針の策定
  • 整備プログラムの策定
  • 策定組織支援
  • パブリックコメント・公表のための支援

技術ポイント

  • 市民への説明責任・透明性の確保(市民意向反映方法の蓄積)を考えていきます。
  • まちづくりの視点からの計画策定(総合建設コンサルタントとしての豊富な人材・情報の蓄積)を行います。
  • GISによる整備プログラムの作成(計画策定後の計画管理に活用)を行います。

実績

  • 静岡県富士農林事務所       柚野の里地区測量設計(道路計画)
  • 静岡県牧の原農業用水建設事務所  牧之原菊川測量設計(道路計画)
  • 静岡県浜松市           道路実施設計業務
  • 静岡県浜松市           都市計画決定に関する資料作成業務
  • 静岡県掛川市           公共交通計画策定業務  ほか
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ