ホーム > 事業案内 > コンサルタント部門 > 土木設計 > 調査及び道路概略、予備及び詳細設計

調査及び道路概略、予備及び詳細設計

目的

 道路計画の策定にあたっては、道路の効用を保つための道路規格を満足しつつ地域の環境や発展動向を見極め、将来の土地利用計画等と整合させていくことが必要です。近年、社会資本整備を進める上でコスト縮減や説明責任が問われています。こうした状況の中、道路整備事業を進めるにあたり、地域住民との合意形成の基、安全で利用しやすく維持管理が容易となる総合的な計画を立案することを目的としています。

内容

 道路事業を進めるには、道路環境調査、交通現況調査、道路網・路線計画、道路設計(概略設計、予備設計、詳細設計)の各ステップを踏まえて調査・設計を実施します。


技術ポイント

  • 道路環境調査:事業が実施される地域の基本的な特性を把握します。
  • 交通現況調査:対象道路断面における交通量特性を把握します。
  • 道路網・路線計画:対象地域の土地利用計画、開発計画、環境保全計画、当を踏まえ、道路網あるいは特定路線の整備計画を立案します。
  • 道路概略設計:事業を実施しようとする最適な路線を選定します。
  • 道路予備設計:概略設計によって決定された路線について、平面縦横断線形の比較案を作成し、ルートの中心線を決定します。
  • 工事に必要な詳細構造を設計し、経済的かつ合理的に工事の費用を予定するための資料を作成します。

実績

  • 静岡県     (主)吉田大東線県単道路改築に伴う道路詳細設計業務
  • 静岡県浜松市  スマートIC関連整備事業に伴う周辺道路等整備検討業務
  • 東京都     大田区街路(道路及び電線共同溝)詳細設計業務
  • 愛知県     道路改築工事(山間道路)の内測量及び設計業務
  • 千葉県習志野市   都市計画道路3・4・11号線他道路設計業務
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ