ホーム > 事業案内 > コンサルタント部門 > 土木設計 > 大規模小売店舗立地法届出支援(開発許可申請支援)

大規模小売店舗立地法届出支援(開発許可申請支援)

目的

 大規模小売店舗(店舗面積が1,000平米を超える大規模小売店舗が立地する場合)周辺の住民の生活環境の保持、配慮が必要です。大規模小売店舗の立地が、その周辺の地域の生活環境を保持して地域社会との融合を図りながら、適正に行われることを目的とし、そのための届出書の提出が必要です。届出書には、不特定多数の来客や物流等を伴うため、交通問題や騒音など、その周辺地域の生活環境に影響を与える可能性を十分配慮したものとしています。

内容

 立地法の指針に関して、計画概要書作成に必要な以下の事項は、事業計画と調整し、調査、結果を実施します。
  • 交通計画
 ・ 計画予定地の交通状況調査
 ・ 将来交通予測及び解析
   ・ 駐車場の規模、形状及び誘導経路の設定
  • 生活環境(騒音・振動)   
   ・ 計画予定地の騒音・振動等の調査
   ・ 予測、評価
  • 廃棄物処理   
   ・ 保管容量
   ・ 運搬、処理計画

技術ポイント

  • 計画予定地周辺の交通状況(交通量、渋滞、信号現示、幅員、交差点情報など)を調査した上で、将来出店後の来客や物流等の交通による周辺地域への影響を検討し、来退店及び一般交通の円滑化を図るため適切な対策を提案します。
  • 将来出店計画に基づき、来客車両や室外機等の騒音発生源による周辺地域への影響を検討し、騒音の発生を抑制するため適切な対策を提案します。
  • また、開発許可申請に関するコンサルタントとして、環境アセスメントのノウハウと合わせて、都市計画法第29条許可(開発許可)と一体としたプランを提案します。

事業の流れ(当社の実施範囲)


実績

  • ショッピングセンター新築に伴う大店立地法関連調査業務(静岡市内)
  • ショッピング店新築に伴う大店立地法関連調査業務(静岡市内)
  • ショッピングモール新築に伴う大店立地法関連調査業務(浜松市内)
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ