ホーム > 事業案内 > 測量・調査部門 > 地質調査 > 鉄研式動的コーン貫入試験

鉄研式動的コーン貫入試験

目的

 動的コーン貫入試験は、原位置における土の硬軟、締まり具合の判定を目的として行ないます。

内容

  • 鉄研式動的コーン貫入試験には、大型・中型の二種類があります。
  • それぞれ、ハンマーを所定の高さから自由落下させ、貫入量に達するまでに必要な打撃回数Nd値を求めます。







 
鉄研式動的コーン貫入試験機
(出典:「地盤調査の方法と解説,2013(地盤工学会)」)

技術ポイント

  • 大型用コーンを使用する場合は、比較的貫入能力に優れているため、岩盤や玉石を除く地盤に適用できます。
  • 測定可能深度は10~15m程度ですが、周面摩擦の影響を受けにくい、4~5m程度が有効な深度であると考えられます。
  • 試験により得られるNd値と、標準貫入試験のN値との相関関係が得られているため、標準貫入試験の補助として利用されることがあります。
  • 小規模建築物や木造住宅等の基礎地盤の支持力確認のために実施されます。

※当社では試験機の販売は行っておりません。
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ