ホーム > 事業案内 > 測量・調査部門 > 地質調査 > ポータブルコーンサウンディング試験

ポータブルコーンサウンディング試験

目的

 地盤に人力でコーンを静的貫入し、コーン貫入抵抗を求めることを目的とします。

内容

  • コーンを先端に取り付けたロッドを地盤に垂直に立て、貫入用ハンドルを用いて連続的に貫入させます。
  • 貫入時に100 mm貫入ごとの荷重計の読み値を記録します。

単管式

二重管式

ポータブルコーン貫入試験機 (出典:「地盤調査の方法と解説,2013(地盤工学会)」)

 
コーンの形状 (出典:「地盤調査の方法と解説,2013(地盤工学会)」)

技術ポイント

  • 粘性土、腐植土などの軟弱地盤を対象とします。
  • 測定可能深度は3~5m程度です。
  • 試験により得られるコーン貫入抵抗から、相関式を用いて一軸圧縮強さ、粘着力を推定することが可能です。
  • 地盤の土層構成や強度、建設機械のトラフィカビリティ等の判定に用いられます。

※当社では試験機の販売は行っておりません。
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ