3Dレーザー計測

目的


 3Dレーザー計測は、レーザー光を対象物に照射し、反射光が戻ってくる時間を計測する地上型レーザー測距儀です。距離300mまで計測でき、大量の3次元データを、面的形状に取得できます。
 利用方法としては、CADデータの活用、3Dデータ保存、橋梁工事出来形管理、i-Construction、GISへの活用を目的としています。

内容

  • 交通量の激しい交差点測量
  • 急傾斜地の地形測量、変位が大きい箇所の地すべり挙動把握
  • 図面が残っていない老朽化した橋梁、建築物等の図化
  • 法面、トンネル覆工の施工管理
  • 文化財、遺跡のデジタルアーカイブ
  • 景観シミュレーション

カラー点群データ

技術ポイント

  • 高精度・高密度の3次元データを短時間に取得できます。
  • 内臓カメラによる自動写真撮影・貼付け、カラースキャニング(RGB TRUE COLOR)機能により、写真測量を実施できます。
  • 照度(ルミナンス)の違いを利用した地物の識別も可能です。
  • 新技術として注目されています。内容は、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に応用事例が掲載されています。応用事例はこちらから

作業フロー


実績

発 注 者 件   名
国土交通省中部地方整備局 天竜川ダム統合管理事務所 美和ダム・小渋ダム堆砂測量
静岡県 静岡土木事務所 清水西海岸高潮対策工事(養浜工)に伴う安倍川河川測量業務委託
静岡県 埋蔵文化財センター 埋蔵文化財発掘調査業務委託に伴う遺跡測量等業務委託
静岡県 浜松市 (普)元浜1号排水路詳細設計業務委託
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ