基準点測量

目的

 各種測量を実施するための基準となる点の位置(座標及び高さ)を定める測量です。

内容

 角度と距離をトータルステーション等を用いて直接観測する測量と、人工衛星から出力される電波を受信して位置を求めるGNSS測量の2種類があります。近年では、高い精度を要する測量にはGNSS測量を用いることが主流になっています。
 また、リアルタイムに基線解析または補間処理を行い、その場で移動局の位置を求めるRTK法、ネットワーク型RTK法による測量もあります。

技術ポイント

 角度と距離を直接観測する多角測量と人工衛星から出力される電波を受信して位置を求めるGPS測量の2種類があります。近年では、高い精度を要する測量にはGPS測量を用いることが主流になっています。
 また、GPSを活用した新しい測量でRTK-GPS測量、ネットワーク型RTK-GPS測量がありリアルタイムに基線解析または補間処理を行い、その場で移動局の位置を求める測量もあります。
 
(左写真)タワーによるGPS測量
(右写真)ネットワーク型RTK-GPS測量

実績

発 注 者 件   名
国土地理院 中部地方測量部 国土調査に伴う基準点測量(静岡県島田地区外4地区)
国土交通省 中部地方整備局 木曽川下流河川事務所 長良川下流部基準点測量
静岡県 浜松土木事務所
 
浜松篠原海岸ほか浜松市沿岸域津波対策施設等整備事業
(海岸)に伴う測量業務委託
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ