写真測量

目的

 空中写真や地上写真を用いて発掘調査で確認された広範囲の遺構平面図や遺物出土状態図の図化、またお城の石垣や歴史的建造物等の立面図作成を短期間でおこなうことを目的とします。

内容

空中写真測量

  • 作成する図面縮尺に合わせた作業計画を立て、標定点の設置後に対空標識を設置します。
  • ​ラジコンヘリコプター、実機ヘリコプター、マルチコプター等による撮影を実施します。
  • 作業目的に応じた撮影、写真処理を行います。
  • 撮影した写真を用い、デジタル図化機などによる図化作業を行います。
  • 写真に写らない部分は現地補測します。
  • 図化素図及び現地補測から、図式に従って編集した素図を作成します。

地上写真測量            

  • 上空に障害物等がありラジコンヘリコプターが使用出来ない場所、また遺物の出土状態の図化や石垣の立面図作成する場合にポールにカメラを取り付けて撮影を実施します。

技術ポイント

  • 調査終了後、遺跡等が失われても、フィルム及びデジタルデータが残るので写真処理、図化等を行うことが出来ます。
  • 空中写真測量とのデータを組み合わせることにより遺跡GISや報告書作成作業の短縮化が図れます。
  • 遺構面の全面に渡って、ほぼ均一な精度が得られます。
  • 高所での実測作業の安全確保のため、写真測量に切り換えることで、安全に作業を行うことが出来ます。

実績

  • 静岡県          中近世墓調査業務に伴う測量業務
  • 静岡県埋蔵文化財センター 西向遺跡に係る遺跡測量等業務委託
  • 静岡県浜松市       浜松城天守曲輪土塀整備石垣測量及び現況調査業務
  • 静岡県富士宮市      史跡富士山人穴富士講遺跡調査業務
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ