TS測量

目的

 トータルステーション(TS)を用いて発掘調査で確認された遺構平面図や遺物のポイントを数値データで取得し、コンピューターのデータ処理技術により図面を作成することを目的とします。

内容


  • 現地にて発掘調査区周辺に基準点の設置を行い、その基準点より遺構、遺物等をトータルステーションで測定し、図面作成に必要な数値データを取得します。
  • その数値データを基に所定の書式に従い図面の作成をおこないます。
  • 主に狭い範囲の遺構平面図作成や遺物のポイント取り上げ、土層断面等の作成に用います。

技術ポイント

  • 遺構内の住居・土壙・溝・掘立柱跡等の平面の測量やセクション・エレベーションなどの立面/断面図の測定図示が行えます。
  • 電子平板を併用することにより、現地で図形表示しながら測定、編集までを直接行うことができるため、作業時間の短縮が出来ます。
  • データの取得のみを現地で行い、取り込んだデータコレクタ内のデータを図形編集装置に入力し、図形処理することも出来ます。(オフライン方式)
  • 多量の遺物出土地点の座標管理が可能となります。
  • 調査区周辺に数点の基準となるポイントを設置し、測量を行うことによって座標管理が容易となる。

実績

  • 静岡県埋蔵文化財センター  西向遺跡に係る遺跡測量等業務
  • 静岡県埋蔵文化財センター  大田切Ⅰ遺跡に係る遺跡測量等業務
  • 静岡県富士市        天間沢遺跡発掘調査に係る調査支援業務
  • 静岡県熱海市        石丁場遺跡等市内遺跡調査支援業務
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ