キャリア形成

採用情報 > キャリア形成

 社員は会社の大切な財産です。社員の成長を通して会社の成長を目指します。



 フジヤマの社員教育は、入社前通信教育で、社会人としての意識を養うことから始まります。その後はOJTや職能研修で、各人が自己の研鑽に努めることになります。やがて相応の経験を積むと、次世代の主力として中堅社員研修を受けてもらいます。その先には管理職研修があり、経営幹部候補にふさわしい教育を受けます。

 また、入社後に勉強と経験を重ねるうち、当初の自分の専攻とは異なる分野に関心が生まれることもあります。そのような場合、ジョブローテーションで部署異動ができるケースもあります。さらに、毎年の業務の成果に基づく面談・評価の際、希望を自己申告できますので、当人や家庭の事情を考慮して、配置を変更することが有効と思われる場合には、認められる可能性もあります。

​(写真)2016年度フォローアップ研修風景


 優秀なコンサルタントを育てるため、社内外のリソースを活かし、積極的にスキルアップや資格取得を支援しています。技術士資格の社外講座の受講費を会社で負担するほか、社内の資格取得者がレクチャーを行う、技術士資格取得勉強会を開催しています。そうした積み重ねから、フジヤマからは毎年、新しい技術士が誕生しています。RCCM(建設コンサル業務の管理技術者・照査技術者)資格取得勉強会なども、同様に行われています。

 また、月に1回、社内で業務研修会が開催され、社員同士でコンサルタントに不可欠なプレゼンテーションスキル向上と、新しい知識の吸収に努めています。入社式では、社内選考で選ばれた社員による業務発表会を行い、新年度のスタートを告げるものとなっています。

(写真)2016年度入社式での業務発表会風景